思春期ニキビを悪化させる食べ物【ワースト3】

思春期ニキビってどうにもならないことはわかっているけど、悪化させたくはないですよね。思春期ニキビを悪化させる食べ物なんてあるの!?
MENU

思春期ニキビを悪化させる食べ物【ワースト3】

思春期ニキビ,食べ物

 

 

小学生から中学生くらいの間、13歳から18歳頃までの第二次成長期の変化として体が子どもから大人に変化をします。これが思春期。その成長期の歳に男性ホルモンが優位にたち、皮脂腺を刺激することで顔に皮脂がたくさん分泌されます。よって起こりやすくなる肌トラブルが【ニキビ】なんですね。

 

急激な皮脂分泌に毛穴が皮脂を排泄することが追いつかなくなり、毛穴に皮脂がたまり、また、皮膚表面に皮脂が多くあることで、皮膚のターンオーバ(皮膚の角質が28日周期で剥がれ落ちること )がうまくいかず、毛穴をふさいだり、毛穴からでる皮脂と混ざり合い、角栓になっていくことでできてしまうのが思春期ニキビ・・・

 

原因はホルモンバランスですが、そのニキビを悪化させてしまう食べ物があるのです。ここからはその悪化してしまう食べ物をランキングにしてご紹介します。

 

 

 

【ケーキやドーナツ】

 

思春期ニキビ,食べ物

甘いものといったらケーキなどの洋菓子を思い浮かべませんか?

 

やはり、これもニキビができる人には要注意!

 

ケーキやドーナツにはバターが多く含まれています。脂肪分の取りすぎは大腸を荒らしてしまうのです。

 

腸は食べ物を吸収したり、消化をするところ。食べ物がきちんと消化できないと、腐敗した食べ物を体が吸収してしまうのです。

 

そうなると有害物質や老廃物が体内に蓄積。血液の中にはそういった毒素が溢れ、血液がドロドロになります。そうして栄養をもらえない肌はニキビを治すことができなくなるのです。

 

 

 

【ポテトチップス】

 

思春期ニキビ,食べ物

様々な種類がでていてどれも美味しくみえるポテトチップスですが、これもニキビの悪化に大変大きくつながります。

 

それは、ポテトチップスに含まれる脂質と糖質です。ポテトチップス1袋( 60グラム)に含まれる糖質と脂質は約54グラムあるといわれています。半分以上が糖質脂質ということで他のチョコレートなどの、甘いお菓子をくらべてもかなり多いです。

 

脂質や糖質を過剰にとることで単純に皮脂分泌の増加につながってしまいます。皮脂分泌が増加し、皮膚表面は皮脂で汚れやすくなり、そうなるとニキビを殺菌するどころか、皮脂の酸化( 汚れ )により、ニキビはさらに悪化してしまうのです。

 

 

 

【カップラーメン】

 

思春期ニキビ,食べ物

こちらは体にいいイメージはないと思いますが、ニキビに対しても大敵なのです!!

 

カップラーメンを含めたインスタント食品は添加物や油を使って加工をしていますし、長く賞味期限がもつように防腐剤をたくさんいれたり、酸化防止剤などもたくさんはっているのです。

 

 

そういったものを体内にいれることで、体への負担が大きくなるのです。体内の負担とは、肝臓です。解毒をしてくれる肝臓の過剰な働きにより、活性酸素の発生。その活性酸素によって皮膚細胞膜は破壊され、細胞自身が弱くなり、ニキビの菌の殺菌や炎症沈静ができなくなります。

 

また、カップラーメンは塩分量も多いので、体が体内に水分を蓄えやすくなってしまい、むくみ、血行不良になっていくのです。血行不良になってしまっては、皮膚の細胞への栄養も行き渡らず、毒素の排泄もできず、ニキビの悪化につながります。

 

 

 

 

 

 

以上がニキビを悪化する食べ物でした。

 

身近なものを敢えてあげさせていただきましたので、ニキビができたときには少し控えてみることからでもいいので参考にしてみてください。

 

 

逆に、悪化する食べ物を避けながら、ニキビに効く食べ物を取れていけば、間違いなくニキビの改善は早まるはずですよ!

 

参考サイト ニキビに効く食べ物一覧

 

 

 

 

このページの先頭へ