思春期ニキビ 皮膚科

思春期ニキビはいつ収まるの?その前に皮膚科に行くべき?こんなお話をしています。
MENU

思春期ニキビはいつ収まるの?その前に皮膚科に行くべき?

思春期ニキビ,皮膚科

 

 

まず、思春期ニキビとは第二次性徴期 (小学高学年〜高校生) に身体の成長をするために男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンの分泌が始まることで、今までよりも皮脂分泌量が多くなることでできるニキビです。

 

特に成長期であるため、ホルモンバランスの分泌もすぐには一定に収まらず、皮脂がたくさんて続けてしまう為、炎症したニキビが多く見られてしまうのです。

 

その原因はホルモンバランスであるため、皮膚科で治療することは難しいのです。

 

 

ただ、ニキビを悪化させないためにも2つのポイントをおさえておくべきです。

 

 

 

思春期ニキビを悪化させないための2つのポイント?

 

【ニキビをつくらない!】

思春期ニキビ,皮膚科

まず、ニキビを繰り返すと、同じ部分にニキビの再発をしやすくなります。

 

皮膚には、自然治癒力や菌を殺菌するという力があります。

 

殺菌に関しては皮膚が水分や油分を保ち、皮膚のpH( ペーパー)を弱酸性に保つことで可能になります。

 

ニキビが発生すると、皮膚の細胞は菌の繁殖、皮膚の炎症により、細胞自身の水分を保ったり油分のコントロールをしたりする、肌を潤して弱酸性を保つことが難しくなるのです。

 

 

そうなると、殺菌力は低下しその後にできるニキビは発生しやすくなり、繰り返してしまうのです。

 

身体でいうと、捻挫と同じで何度が繰り返すと捻挫を起こしやすくなりますよね。

 

それと同じで、なんでも完治して機能が戻るまでニキビを作らないことが大切なのです。

 

完治というのはニキビの炎症、膨らみが落ち着くだけではなく、色でいうと他の皮膚と同じ色に戻ったり肌触りのガサガサがなくなくなり、キメが戻るということです。

 

 

 

【できたニキビは早く直す!】

 

思春期ニキビ,皮膚科

これは、ニキビが長引くことから起こる二次災害を防ぐ為です。

 

ニキビは白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビという風に炎症が進行していきます。

 

白ニキビ、黒ニキビの段階では皮膚の細胞の破壊は起こっていませんが、赤ニキビ、黄ニキビまでいくと、菌が繁殖し皮膚の炎症を起こしています。

 

黄ニキビがチクチク痛く、かゆみを伴ったりするのはそのせいです。

 

 

ですから、赤ニキビ、黄ニキビが治っても【ニキビ痕】というものができてしまうのです。

 

炎症の後のニキビ痕は色素の沈着やクレーターという皮膚がえぐれてしまったものが多く、両者はすぐ治るものではありません。

 

ですから、

 

 

【ニキビはできるだけ早く治すこと】

 

 

これが大切なのです。

 

 

2つのポイントを踏まえて 皮膚科を上手く活用することをお勧めします。

 

ニキビの炎症を抑えるものが、塗り薬として1つ常備しておくと、気持ち的にも安心です。

 

また、皮膚科を受診する際に気をつけたいことは、皮膚科はあまり詳しく調べたり診てくれないことが多いということです。

 

 

なので、自分で症状を伝えましょう。

 

 

「どんなニキビができるのか?」 (膿がある、大きさ、色 )

 

「ニキビができるとどうなるか?」 ( 痒み、痛み)

 

「どこによくできるのか?」

 

「できると治るまでにどれくらい長引くのか?」

 

 

自己判断では間違っていることもあるかもしれませんが、伝えることでより効果的な薬を選びやすくなると思いますよ。

 

 

 

このページの先頭へ